年中行事

旧暦の月名の由来!使われている漢字が当て字という意外な事実も

投稿日:

12月に入ると、「今日から12月、師走(しわす)です」と耳にすることがあります。

師走とは、明治の初めまで使っていた旧暦における12月の名称。

12月以外の月にも旧暦の名称があります。

日本独自のため、和風名月とも呼ばれています。

1月から12月まで、数字の月名も分かりやすくて便利ですが、響きの美しさや趣きの点では和風月名には及びません。

本日は、旧暦月名の意味や由来について、詳しくお伝えしていきます。


旧暦の月名とは

旧暦月名top

旧暦の月名は、和風月名と呼ばれる日本独自の各月の名称です。

月名の最も古い記録は、奈良時代・720年に完成した日本書紀

旧暦の月名が、そんな昔から使われていたとは驚きです。

日本書紀では、“二月”、“三月”と漢数字の月名が記され、ふり仮名として“きさらぎ”、“やよい”と和風月名が登場します。

最も古い記録が平仮名であることが、旧月名の意味や由来を見ていくうえで重要なポイントとなります。

まずは旧暦の月名一覧から

和風月名の由来を詳しく見ていく前に、すべての月名を確認しておきましょう。

また、由来がはっきりとしない月名も多いため、通説となっている由来もここであわせてご紹介しておきます。

旧暦月名一般的に知られている由来
1月睦月(むつき)お正月に親戚一同が集まって、楽しく遊ぶ「睦び月(むつびづき)」から
2月如月(きさらぎ)旧暦2月(3月)は、まだ寒い日が多く、衣をさらに重ね着する月という意味の「きぬさらにき月」から
3月弥生(やよい)草木が生い茂るという意味の「木草弥生茂る月(きくさいやおいしげるづき)」から
4月卯月(うづき)卯の花が咲く季節だから
5月皐月(さつき)田植えが始まり早苗を植える月「早苗月」が略された
6月水無月(みなづき)「無」は「の」という意味で、田んぼに水を引く「水の月」という意味
7月文月(ふみづき)旧暦7月(8月)は稲の穂が実る時期という意味の「穂含月(ほふみづき)」から
8月葉月(はづき)旧暦8月(9月)は、木々の葉が落ちる月という意味の「葉落ち月」から
9月長月(ながつき)秋も深まり夜が長くなるという意味の「夜長月」から
10月神無月(かんなづき)出雲の国に神様が出かけて、各地域に神様がいなくなる「神無月(かみなしづき)」から
11月霜月(しもつき)旧暦11月(12月)は、冬が始まり「霜の降る月」だから
12月師走(しわす)年末は、普段は悠然とかまえていると呼ばれる人たちも忙しく走る月だから

ご覧になっていてお気づきになったかもしれませんが、旧暦の月と新暦の月は約1ヶ月のずれがあります。

つまり旧暦の1月は、現在の新暦の2月に相当するわけですね。

ですが、月名に関しては、新暦の2月を睦月とせずに、旧暦の月と同じく、1月を睦月と表します。

睦月に関しては、お正月に家族仲良くというのが意味ですから、新暦1月に持ってきても違和感はありません。

師走なんかもそうですよね。

ですが、季節が由来になっている月名は、新暦では季節があわないということが起こります。

結果、五月晴れのように言葉の意味そのものが変わってしまったなんてことも。

旧暦の5月は、時期としては新暦6月で梅雨のシーズンです。

五月晴れは、本来、梅雨の合間の晴れ間を意味していたのです。

それが、現在では行楽シーズンである新暦5月の気持ちよい晴天を指す言葉に変化しました。

五月晴れ

では、それぞれの月名の由来と意味について、詳しく見ていきましょう。

旧暦の月名の由来と意味を深堀り!

和風月名

奈良時代に編さんされた日本書紀にすでに登場していた旧暦の月名

一般的に知られている由来は先ほどご覧いただいたものですが、あくまで有力な説という位置づけです。

ほとんどの月に、有力な説以外にも、由来とされる説が数多くあります。

さらには、月名に使われている漢字は、単なる当て字というケースもあり、なかなか奥深い世界です。

では、順番に見ていきましょう。

1月、睦月(むつき)の由来

1月の月名は、睦月(むつき)です。

1月といえば、お正月です。

お正月は、身分や年齢の上下に関わりなく、道で会えば新年のあいさつを交わし、親戚が一堂に集まって楽しく過ごします。

身内はもちろん、友人・知人とも親しく睦んで過ごすから、「睦び月(むすびつき)」となったというのが最も有力な説です。

「睦び月(むすびつき)」が、徐々に訛って「睦月(むつき)」に変わったとされます。

睦び月

「睦び月」の他の説

  • 1年が始まる「元つ月(もとつつき)」
  • 草木が芽吹く「萌月(もゆつき)」
  • 春の陽気が始まる「生月(うむつき)」

旧暦では1月は、早春の時期。

1月の月名の由来として、「萌月」「生月」があがるのは、旧暦の季節感ゆえです。

「睦月」以外の1月の月名

  • 祝月(いわいづき)
  • 初春月(はつはるづき)
  • 建寅月(けんいんづき)

2月、如月(きさらぎ)

2月の月名は、如月(きさらぎ)です。

旧暦2月は、新暦では3月。

まだまだ寒い日が多く衣(きぬ)を重ね着する「きにさらにき月」が「衣重月」と短くなっていき、「如月」となったという説が一般的です。

如月と書いて、“きさらぎ”と読ませるのは、当て字です。

『如』という字が使われるようになったのは、紀元前2世紀の中国の書物にある「二月を如となす」という記述からではないかと言われています。

「衣重月」の他の説

  • 草木の芽が張りだす「草木張月(くさきはりづき)」が“きさらぎ”に変化した
  • 前年旧暦8月に飛来した雁が去り、ツバメが飛来する「来更来(きさらぎ)月」

雁は、2月(旧暦1月)には北に飛び立ちますが、3月(旧暦2月)になっても残っている雁がいたのでしょうか

いささか強引な説ですが、雁は和歌にもよく詠まれており、古くから親しまれてきて鳥でした。

雁

「如月」以外の2月の月名

  • 初花月(はつはなづき)
  • 梅津早月(うめつさつき)
  • 建卯月(けんぼうげつ)

3月、弥生(やよい)

3月の月名は、弥生(やよい)です。

草木が生い茂るという意味の「木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる)」が、短く詰まり「弥生」となったと言われています。

他の月は、有力な説に対して異説があるのですが、3月弥生は、唯一、異説らしい異説がありません

木草弥生い茂る

「弥生」以外の3月の月名

  • 桜月(さくらづき)
  • 春惜月(はるおしみつき)
  • 建辰月(けんしんげつ)

旧暦3月は、今の4月、桜が咲く時期なのです。

また、暦の春は3月まで。

そのため、春惜月とも呼ばれています。

4月、卯月(うづき)

4月の月名は、卯月(うづき)です。旧暦の4月は、夏が始まる月にあたります。

卯月の由来は、卯の花が咲く時期である「卯の花の月」が定説ですが、疑問視する声が多い月名です。

  • 12ある月名で、唯一花の名前が使われているが、卯の花はそこまで存在感のある花ではない
  • 「うづき」が先で、「卯月」は当て字卯月に咲くから、卯の花と名付けたのではないか

言われてみれば、確かにという気がします。(私も卯の花と聞いても、どんな花かピンときませんでした・・・。)

それに日本で愛されてきた花といえば、何といっても桜です。

桜を差し置いて、月名になるほどの花?というところでしょうか。

とはいえ、万葉集では、卯の花はよく詠まれています。

月名ができた当時はとても愛されていた花だった可能性もあります。

卯の花

「卯の花の月」の他の説

  • 十二支の4番目である“卯”から「卯月(うづき)」
  • 田んぼに稲を植える「田植苗月(たうなえづき)」・「植苗月(なえうえづき)」からきた「植月(うづき)」

「卯月」以外の4月の月名

  • 花残月(はなのこりづき)
  • 陰月(いんげつ)
  • 清和月(せいわづき)

5月、皐月(さつき)

5月の月名は、皐月もしくは早月です。

旧暦5月に、あちらこちらで田植が始まることから、早苗を植える月、「早苗月」が省略されて「さつき」になったというのが定説です。

この月名も、「さつき」の“さ”に意味があり、皐月・早月は、後から作った当て字と言われています。

「さ」は、神様にささげる稲を意味しており、稲を植える月として「さつき」となったようです。

定説の「早苗月」と、田植の月というところが共通しています。あながち当て字と決めつける必要も無いような気がしますね。

早苗月

「皐月」以外の5月の月名

  • 菖蒲月(あやめづき)
  • 橘月(たちばなづき)
  • 雨月(うづき)

旧暦5月は今の6月。

梅雨の季節のため、「雨月」とも呼ばれていました。

6月、水無月(みなづき)

6月の月名は、水無月(みなづき)です。

6月は梅雨なのに、水が無い?と思うのは、新暦の季節感です。

旧暦6月は今の7月ですので、梅雨ではなく夏になります。

また、「無」というのは、“無い”ということではなく、“~の”という助詞を意味している当て字です。

つまり水無月は「水の月」であり、田植の終わった田んぼに水を引く月の意味というのが定説です。

水の月

「水の月」の他の説

  • 梅雨が終わって水が枯れてきた「水無月(みずなしづき)」
  • 田植が済んだ田に水を張る「水張り月(みずはりづき)」
  • 田植という大仕事が済んだ「皆尽月(みなつき)」

「水無月月」以外の6月の月名

  • 鳴神月(なるかみつき)
  • 葵月(あおいづき)
  • 建未月(けんびげつ)

7月、文月(ふづき・ふみづき)

7月の月名は、文月(ふづき・ふみづき)です。

旧暦7月は、今の8月にあたります。

そろそろ、稲の穂が実る時期から、穂の含み月「穂含月(ほふみづき)」「含月(ふくみづき)」が由来とされています。

また、稲穂の実りと”文”の字が結びつかないため、文月も当て字ではないかと言われています。

穂含月

「穂文月」の他の説

  • 七夕に書物を開いで風に当てるしきたりから「文月(ふみづき)」

七夕の由来を定説とする意見もありますが、七夕が伝わったのは、“ふづき”と記されている日本書紀の完成以後のことです。

時代的に、「穂含月」が由来と考える方が自然ではないでしょうか。

ポイント

  • 七夕月(たなばたづき)
  • 秋初月(あきそめつき)
  • 建申月(けんしんげつ)

8月、葉月(はづき)

8月の月名は、葉月(はづき)です。

8月と聞くと、真夏かと思ってしまいますが、旧暦8月は今の9月。

季節は秋です。

葉月も緑青々とした夏の葉っぱではなく、木の葉が紅葉して葉が落ちる「葉落ち月」が由来です。

葉落ち月

「葉落ち月」の他の説

  • 雁が飛来する月という意味の「初来月(はつきつき)」

「葉月月」以外の8月の月名

  • 秋風月(あきがぜづき)
  • 月見月(つきみづき)
  • 燕去月(つばめさりづき)

旧暦8月15日は、十五夜・中秋の名月。

月見月は美しい月名ですね。

9月、長月(ながづき・ながつき)

9月の月名は、長月(ながつき・ながづき)です。

旧暦9月は、新暦では10月です。

秋も深まり、夜が長く感じられる頃ですね。

長月は、そんな秋の夜長をあらわす「夜長月」から来ています。

他の月と同じように異説もありますが、「夜長月」が最も有力な説です。(説得力もありますし)

夜長月

「夜長月」の他の説

  • 稲を刈り取る時期である「稲刈月(いねかりつき)」・「稲熟月(いねあがりづき)」

ポイント

  • 玄月(げんげつ)
  • 菊月(きくづき)
  • 建戌月(けんじゅつづき)

10月、神無月(かんなづき)

10月の月名は、神無月(かんなづき)です。

かつて、旧暦10月は、全国から神様が出雲に集まって、男女の縁結びを相談する月とされていました。

そのため、出雲以外の地域は神様が留守になることから、「神無月(かみなしづき)」が由来とされます。

6月の月名、水無月の「無」は“~の”の当て字でしたが、神無月の「無」は“なし”の意味で使われています。

一方、出雲地方だけは神様がいるため、出雲では10月を「神在月(かみありづき)」と称します。

神有月

「神無し月」の他の説

  • 神嘗祭(かんなめさい)の時期として「神嘗月(かんなめづき)」・「神祭月(かみまつりづき)」
  • 翌月の新嘗祭(にいなめさい)の準備で新酒を醸す月という意味の「醸成月(かみなんづき)」
  • 雷が鳴らない月という意味の「雷なし月(かんなしづき)」

「神無月」以外の10月の月名

  • 神在月(かみありづき)
  • 神有月(かみありづき)

11月、霜月(しもつき)

11月の月名は、霜月(しもつき)です。

霜月は、旧暦11月が霜の降る時期だから、「霜の降る月」という説が有力です。

シンプルで分かりやすさがいいですね。

霜の降る月

「霜降る月」の他の説

  • 草木もしおれる「凋む月(しぼむつき)」
  • 年末が近い「末つ月(すえつつき)」
  • 神様に新穀をささげる新嘗祭(にいなめさい)のある月として「食物月(おしものづき)」

「霜月」以外の11月の月名

  • 雪待月(ゆきまちづき)
  • 神帰月(かみきづき)
  • 建子月(けんしづき)

12月、師走(しわす)

12月の月名は、師走(しわす)です。

師走は、「年の瀬は普段は悠然とかまえている師と呼ばれる人たちですら走り回るほど忙しい」という意味。

走り回ることを難しい言葉で「趨走(すうそう)」と言います。

師が走り回るという意味の「師趨(しすう)」が転じて「師走」になったと言われています。

師走

「師趨」の他の説

  • 年末にお経をあげてもらうために法師が馳せ走る「師馳月(しはせつき)」

年末が慌ただしいのは、今も昔も変わりない風景ですね。

「師走」以外の12月の月名

  • 極月(ごくげつ)
  • 春待月(はるまちづき)
  • 建丑月(けんちゅうづき)

まとめ

旧暦の月名とは、一月・二月という数字の月名につけられた、日本独自の和風月名のことです。

奈良時代に完成した日本書紀(720年)に、二月“きさらぎ”、三月“やよい”と、読み仮名として登場するのが最も古い記録です。

現在では、平仮名ではなく、各月名は漢字で知られていますが、由来から離れた漢字が当て字として使われている月も含まれます。

旧暦月名一般的に知られている由来
1月睦月(むつき)お正月に親戚一同が集まって、楽しく遊ぶ「睦び月(むつびづき)」から
2月如月(きさらぎ)旧暦2月(3月)は、まだ寒い日が多く、衣をさらに重ね着する月という意味の「きぬさらにき月」から
3月弥生(やよい)草木が生い茂るという意味の「木草弥生茂る月(きくさいやおいしげるづき)」から
4月卯月(うづき)卯の花が咲く季節だから
5月皐月(さつき)田植えが始まり早苗を植える月「早苗月」が略された
6月水無月(みなづき)「無」は「の」という意味で、田んぼに水を引く「水の月」という意味
7月文月(ふみづき)旧暦7月(8月)は稲の穂が実る時期という意味の「穂含月(ほふみづき)」から
8月葉月(はづき)旧暦8月(9月)は、木々の葉が落ちる月という意味の「葉落ち月」から
9月長月(ながつき)秋も深まり夜が長くなるという意味の「夜長月」から
10月神無月(かんなづき)出雲の国に神様が出かけて、各地域に神様がいなくなる「神無月(かみなしづき)」から
11月霜月(しもつき)旧暦11月(12月)は、冬が始まり「霜の降る月」だから
12月師走(しわす)年末は、普段は悠然とかまえている師と呼ばれる人たちも忙しく走る月だから

旧暦の月名を日常で使うことは少ないですが、どれも響きが美しく、趣きのある日本語ですので、覚えておきたいですね!

あわせて読みたい記事

-年中行事

Copyright© 暦職人 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.