未分類 祝日

台湾の祝日の意味

台湾の祝日は年間に8つの祝日(日数は10日)があります。

日本の祝日に比べると少ない印象ですが、振替休日のシステムが独特で、一つ一つの祝日が連休になりやすくなっています。

台湾の振替休日・特別休暇の仕組み

  • 祝日が日曜日に当たると翌日月曜日が振替休日になる
  • 祝日が土曜日に当たっても前日金曜日が振替休日になる
  • 祝日が火曜日に当たると前日の月曜日が特別休暇になる
  • 祝日が木曜日に当たると翌日の金曜日が特別休暇になる

特別休暇は、原則前週の土曜日が代替出勤日になります。

全く祝日のない月も多いですが、連休が多いというのも休み甲斐があっていいかもしれませんね。


台湾の祝日の意味

台湾の旗

2022年の祝日

祝日2021年説明
中華民国
開国記念日
1月1日(土)1912年1月1日に、孫文を臨時大統領として中華民国が建国されたことを記念する祝日です。
除夕1月31日(月)旧暦の大晦日の祝日です。
旧暦のため毎年日にちが変わります。
春節2月1日(火)
~3日(木)
旧暦1月1日から3日までは旧正月を祝う祝日です。
中華圏では新年を旧暦で祝います。
旧暦のため毎年日にちが変わります。
臨時休日2月4日(木)春節の臨時休日です。1月22日(土)が代替出勤日になります。
和平記念日2月28日(月)1947年2月28日に起こった反政府運動「二二八事件」の反省から1997年に定められた法定休日です。
「歴史のなかで政府が犯した過ちを正視し、反省し、国家の平和のために努力する」ことを目的としています。
振替休日4月4日(月)児童節と民族掃墓節が同日のため、振替休日となります。
児童節4月5日(火)2011年に制定された「こどもの日」です。
民族掃墓節(清明節)を同じ日になる年は、4月3日に振り替えられます。
民族掃墓節
(清明節)
4月5日(火)二十四節気5番目の節気で、春の訪れを知らせる「清明」を祝う日です。
中華圏の伝統的な祭日で、この日は多くの人がお墓参りに行きます。
太陽の位置によって変わりますが、毎年4月5日ごろです。
端午節6月3日(金)旧暦5月5日の祝日です。端午の節句の故事にちなみ、ちまきを食べてお祝いします。また、各地でドラゴンボートレースも開催されますが、やはり端午の節句の故事にちなんでいるそうです。
振替休日9月9日(金)中秋節が土曜日のため、振替休日となります。
中秋節9月10日(土)旧暦の8月15日、中秋を祝う日です。伝統菓子、月餅を食べてお祝いします。
旧暦のため毎年日にちが変わります。
国慶節10月10日(月)清朝政府を倒す「辛亥革命」の発端となった、1911年10月10日の「武昌起義」を記念する祝日です。
10が重なるため「雙十節」とも呼びます。

2020年の祝日

祝日2021年説明
中華民国
開国記念日
1月1日(金)1912年1月1日に、孫文を臨時大統領として中華民国が建国されたことを記念する祝日です。
特別休暇2月10日(水)旧暦大晦日の前日が平日の場合は、休日となります。
その代替として、原則は前週の土曜日が出勤日と定められていますが、2021年は2月20日(土)が代替出勤日です。
除夕2月11日(木)旧暦の大晦日の祝日です。
旧暦のため毎年日にちが変わります。
春節2月12日(金)
~14日(日)
旧暦1月1日から3日までは旧正月を祝う祝日です。
中華圏では新年を旧暦で祝います。
旧暦のため毎年日にちが変わります。
振替休日2月15日(月)
~16日(火)
春節2月13日・14日が土日のため、振替休日となります。
和平記念日2月28日(日)1947年2月28日に起こった反政府運動「二二八事件」の反省から1997年に定められた法定休日です。
「歴史のなかで政府が犯した過ちを正視し、反省し、国家の平和のために努力する」ことを目的としています。
振替休日4月2日(金)児童節が日曜日のため、振替休日となります。
児童節4月4日(日)2011年に制定された「こどもの日」です。
民族掃墓節(清明節)を同じ日になる年は、4月3日に振り替えられます。
民族掃墓節
(清明節)
4月4日(日)二十四節気5番目の節気で、春の訪れを知らせる「清明」を祝う日です。
中華圏の伝統的な祭日で、この日は多くの人がお墓参りに行きます。
太陽の位置によって変わりますが、毎年4月5日ごろです。
振替休日4月5日(月)民族掃墓節が日曜日のため、振替休日となります。
端午節6月14日(月)旧暦5月5日の祝日です。端午の節句の故事にちなみ、ちまきを食べてお祝いします。また、各地でドラゴンボートレースも開催されますが、やはり端午の節句の故事にちなんでいるそうです。
特別休暇9月20日(月)中秋節が火曜日のため特別休暇になります。
前週の土曜日9月11日が代替出勤日です。
中秋節9月21日(火)旧暦の8月15日、中秋を祝う日です。伝統菓子、月餅を食べてお祝いします。
旧暦のため毎年日にちが変わります。
国慶節10月10日(日)清朝政府を倒す「辛亥革命」の発端となった、1911年10月10日の「武昌起義」を記念する祝日です。
10が重なるため「雙十節」とも呼びます。
振替休日10月11日(月)国慶節が日曜日のため振替休日となります。
振替休日12月31日(金)2022年1月1日(元日)が土曜日のため、振替休日となります。

除夕(旧暦大晦日)と春節(旧暦1月1日から1月3日)の連休の間に土・日が入った場合、連休直後の平日に振替となります。

春節が、台湾の人にとって重要な祝日期間ということがよく分かりますね。

台湾のカレンダー

あわせて読みたい記事

-未分類, 祝日