年中行事

立秋の食べ物と花~秋とは名ばかり暑さ厳しい二十四節気

更新日:

立秋(りっしゅう)は、二十四節気という太陽の動きをもとにした季節の区分の一つで、黄経135度太陽が通過する日立秋の日です

現在の暦(新暦=グレゴリオ暦)では、8月8日頃から8月22日頃までの約15日が立秋の時期です。

江戸時代まで使われていた旧暦(太陽太陰暦)では、7月・申の月の正節(月の前半という意味)のため七月節立秋とも称しました。


立秋の季節

立秋~とうもろこし
立秋に入ると、暦の上では季節はに入ります。

とはいえ、秋とは名ばかりとため息をつきたくなるほど、まだまだ暑さが厳しい時期

平均気温も年間通じて最も高いのが立秋に入った頃ですが、暦の上では立秋以降残暑と考えます。

夏の挨拶状が立秋を境に暑中見舞いから残暑見舞いに変わるのも、そのためですね。

事実、「秋立つ」とはよく言ったもので、暑さ厳しい中にも風や空の表情かすかに秋の気配が漂い始めます。

立秋の終盤、8月下旬ともなると、朝晩が過ごしやすくなり、季節が確実に秋に向けて動いていることが分かります。

七十二候2019
二十四節季、七十二候2019年カレンダー

月の満ち欠けを基準に作られる太陽太陰暦が公の暦だった時代、暦と実際の季節のずれを埋めるために生み出されたのが太陽黄経を基準とする二十四節気です。 二十四節気のおかげで、いつ種を蒔けばいいのかといった農 ...

七十二候

二十四節気は、それぞれが約15日間ありますが、二十四節気をさらに3等分した七十二候という季節の区分があります。

立秋には、次の七十二候が含まれます。

立秋 初候 涼風至(すずかぜいたる)

8月8日頃から8月12日頃まで。

厳しい暑さの中にも、涼しい風が時折吹き始める頃という意味です。

昔は、お盆前ともなると、朝夕の気温もわずかながら過ごしやすくなり始めたものですが、最近の炎暑・酷暑ではちょっと実感が薄いですね。

立秋 次候 寒蟬鳴(ひぐらしなく)

8月13日頃から8月17日頃まで。

寒蝉(かんせん)とは、ひぐらし、または秋になく蝉のことです。

うるさかった夏の蝉のかわりに、ひぐらしの鳴き声が聞こえ始め、夏の終わりを感じる頃です。

立秋 末候 蒙霧升降(ふかききりまとう)

8月18日頃から8月22日頃まで。

蒙霧(もうむ)は、もうもうと立ち込める深い霧のことで、この頃に深い霧が立ち込めることがあるという意味です。

霧と霞は同じ気象現象ですが、春に出ると霞と呼びます。

立秋の食べ物

玉蜀黍(とうもろこし)

とうもろこしは6月から8月が収穫期。みずみずしい甘みが楽しめる夏の味覚です。

南アメリカが原産地で、マヤ・アステカ文明はとうもろこしを主食として発達した文明です。

コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、世界中に広がりました。

日本に伝わったのは16世紀末のことで、ポルトガル人によって伝えられました。

とうもろこしは品種が多く、

  • 野菜として食べるスイートコーン
  • コーンスターチの原料のデントコーン
  • ポップコーンになる爆粒種

などが栽培されます。

糖質とタンパク質が多く、野菜にしてはエネルギーが高いという特徴がありますが、ビタミン・カリウムも豊富で栄養的にも優れた野菜です。

とうもろこし

生姜(しょうが)

多くの野菜同様、1年中店頭に並んではいますが、生姜の旬は6月から8月です。

世界中で、薬味や臭み消しとして使われており、日本へは中国から3世紀ごろまでには伝わっていたとされます。

栄養的にはビタミンB1、B2、Cがわずかに含まれる程度ですが、ショウガオールに代表される辛み成分が実に効能豊。

  • 殺菌力が高く食中毒を予防する
  • 胃液の分泌を促進し食欲増進する
  • 新陳代謝発汗作用を活発にする
  • 内臓の働きを促進する

夏の冷房で冷えた体を中から温めてくれるので、夏バテに効果的な野菜です。

ショウガ

オクラ

独特の粘り気がコレステロールを減らす効果があるオクラは、6月から9月が旬の野菜です。

原産地はアフリカ北東部で、紀元前2世紀にはすでにエジプトで栽培されていた記録が残されています。

日本には幕末頃に入ってきたのですが、食用として普及したのは1960年代と比較的最近のこととなります。

ビタミンCやカルシウムも多く含まれ、粘り気のもととなるペクチン、ガラクタンなどの食物繊維です。

オクラは栽培が簡単なため、家庭菜園で育てられることも多い野菜です。

オクラ

鯒(こち)

鯒(こち)とは、上から押しつぶされたような平たい体に大きなひれを持ち、海底を生活圏とする海水魚の総称です。

神官が儀式で使う「笏(しゃく)」に似ていることから、”こち”という名になったと言われています。

「笏」は、本来は”こつ”と読みますが、「骨」と同じ音であることから、神官が持つ場合に限って字はそのままに”しゃく”と読むようになりました。

一方の鯒(こち)は、読み替えることもなく”こつ”が、訛って”こち”となったのだそうです。

の中でも真鯒(まごち)は、漁獲量が少なく市場ではお目にはかかれませんが、味の良い夏の高級魚です。

ふぐに負けない歯ごたえがあることから、「テッサナミ」と呼ばれることもあります。

鯒(こち)

立秋の時期の花

露草

犬の子草(えのころぐさ)

穂が子犬の尾に似ていることから、その名がついた犬の子草(えのころぐさ)は、農耕の伝来とともに日本に入ってきた帰化植物です。

日本全国の畑や道端で見ることができる雑草ですね。

50cmほどの高さになり、夏から秋にかけて緑色の円柱の花穂を咲かせます。

えのころぐさの穂で子猫をじゃらすことから、「猫じゃらし」とも呼ばれます。

  • イネ科の一年草
  • 原産地はユーラシア大陸
  • 開花時期は7月から10月

エノコログサ・猫じゃらし

露草(つゆくさ)

日本各地に自生する露草は、夏から秋にかけて美しい藍色の花を咲かせます。

夜明けとともに咲き、昼にはしぼんでしまうという花の短命さが朝露のようだとして、露草という名前になったと言われています。

古くから染料として使われてきたため、藍花(あいばな)、青花(あおばな)、移草(うつしぐさ)と呼ばれることも。

露草の染料は水に溶けやすい特性があることから、現在も友禅の下絵描きに使用されます。

  • ツユクサ科の一年草
  • 原産地は日本、中国、朝鮮半島
  • 開花時期は6月から9月

露草

槿(むくげ)

日本には奈良時代に朝鮮半島から伝わったとされる槿(むくげ)

中国名である「木槿(むーじん)」の音読み”もっきん”が変化して、”むくげ”になったという説があります。

3m以上の高さに育ち、濃緑の葉を茂らせるため、むくげは日本では庭木や生垣の花として広く栽培されてきました。

夏から秋にかけて、直径5~6cmの白・ピンク・紫色の花を咲かせます。

花の中心はとても色が濃く、淡い色合いの花びらとのコントラストが鮮やかな花です。

  • アオイ科の落葉高木
  • 原産地はインド・中国
  • 開花時期は6月から10月

むくげ

あわせて読みたい記事

-年中行事

Copyright© 暦職人 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.